ウォーターサーバーで放射線対策

もともとは、業務用として法人を対象に開発されたウォーターサーバーですが、水への関心の高まりから、個人でも取り入れている家庭が増えています。諸外国に比べると、まだあまり一般的とまでは言えませんが、それでも昔に比べると、家庭からの需要は伸びています。この需要が一気に広まったのが、3.11の東日本大震災によって起こった福島第一原発の爆発です。

原発が爆発事故を起こしたことで、放射能が撒き散らかされ、福島はもちろんですが、関東などの水に基準値を超える放射能が発見され始めました。放射能は、塩素などで取り除けるものではないので、水道水への不安が一気に高まったのです。

普段、何気なく使う水に放射線が混じっているかもしれないということで、多くの人が水の確保に走りました。でも、人間が一日で使う水の量というのは、口に入れるものだけでもかなりの量になります。ですから、たとえ一人暮らしでも、2Lタイプのミネラルウォーターを10本買ったとしても、何日も持ちません。

そこで注目されたのが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーのお水というのは、市販されているミネラルウォーターや天然水と同じように、食品衛生法や水道法で定められている基準値に基づいて検査されています。放射線に関しても、基準値というものがあるので、それを逸脱していないので安心して飲むことが出来ます。

また、大容量なので、たくさんストックしておけば、かなり長い期間お水を購入する必要もなく、自宅まで届けてくれるので、重たい思いをすることもありません。安全なお水を好きなだけお水が使えるウォーターサーバーは、これからも需要が伸びていくでしょう。

宅水は安全?

お家の水(宅水)は本当に安全でしょうか?自治体がさまざまな角度から安全であることを証明しても、今では放射性物質の問題などの問題も有り、猜疑心が深まってしまう方もいらっしゃるようです。ここで宅水検査を行える業者も存在していることを御存知でしょうか。費用はかかりますが、飲料水として飲用に適しているか判断したり、ミネラル分の含有率を調べたいという方にお勧めです。

井戸水や水道水が検査対象で、検査結果を基に市販のミネラルウォーターなどと比較されるのも良いかもしれませんね。御自宅にビルトイン浄水器を設置されている方も一度は是非水質調査を依頼されると良いでしょう。少しでも不安要素を感じる方は、宅配水を選択されるのも一案です。宅配水の販売会社では、個別に販売している水に対して水質調査を逐一行っています。大腸菌や一般細菌の有無などを調べたり、臭いの元となる硝酸態窒素等の含有率の検査を行います。すべてクリアされた時にのみ販売をしていますのでとても安心です。製造プラント内でも、HACCPという厳しい国際基準の認証を得てボトリング等を行っていますので、クオリティの高い上質な水がいつでもお手元に届きます。

ウォーターサーバーにセッティングする水は、安全面やコストの安さ、美味しさなど総合的に見て選びましょう。HPには常に最新の安全検査の検査結果について報告がある会社を選ぶこともお勧めです。とある宅水会社のように、お水を購入するごとにポイントがたまっていくなどの付加価値をつけているところもお勧めポイントの一つになるでしょう。


最新のエントリー一覧

安心な水

安心な水を飲みたいというのは老若男女どんな方でも願っていることではないでしょうか...

安全な水の宅配

毎日のミネラルウォーターの購入に疲れを見せている方はいらっしゃいませんか?特売日...

安全な水は通販で

水の安全性を求める家庭が増えています。水はいのちの源と言われており、水を飲むこと...

安いウォーターサーバー

お水を安く購入したいという方は、ウォーターサーバーの利用をお勧めします。ウォータ...

宅水は安全?

お家の水(宅水)は本当に安全でしょうか?自治体がさまざまな角度から安全であること...
このページのトップへ